Kちゃんまんのブログ イメージ画像

サンバイオ

北米での慢性期脳梗塞を対象とした再生細胞薬「SB623」の共同開発及びライセンス契約の解消について https://ssl4.eir-parts.net/doc/4592/tdnet/1777460/00.pdfこれは年初のサンバイオショック以来のヤバさかもしれないですね…前回はP2b失敗でしたが、これは言ってしまえば

コメントありがとうございます。まず始めに申し上げたいのは私がサンバイオを保有していたとしてもRMAT指定を受けて3相スキップできると喜んだりはしなかったでしょうということです。もちろん、RMAT指定を受けたことについては喜んだと思いますし、3相スキップの"可能性"に
『サンバイオのRMAT指定について思うこと(いただいたコメントへの返信)』の画像

サンバイオのSB623が米国にてTBI用途でRMAT指定を受けました。RMAT指定とは2016年に米国にて成立した21世紀医療法(21st century cures act)に基づいて設けられた再生医療先端治療(Regenerative Medicine Advanced Therapy)指定制度のことで、再生医療の早期承認を後押しする

暇潰しに書いただけです。サンバイオのSB623はTBI用途で承認されたとしてどのくらい売れるんですかね~。最近は外傷性脊髄損傷を対象としたニプロのステミラック注が注目されていますが、これは自家のため、非常に高コストとなっています。ステミラック注の薬価は1495万7755
『SB623はどのくらい売れるの?』の画像

私は、1月末のサンバイオ大幅下落により完全にノンホル(と言うか追証による強制決済&借金)となりましたが一つ注目している点があります。 それは、既にP2で成功したTBIが条件付き承認を得られる可能性は高いわけですが、承認を得た場合、どのくらいの期間で何名に投与して有

↑このページのトップヘ