steps-388914_640

プリズナートレーニングを始めて8ヶ月が経ちました。

8ヶ月前には新型ウイルスで世の中が大パニックになっているなんて想像だにしていませんでしたね。

自粛によりジムなどが軒並み閉鎖となりましたがプリズナートレーニングのような自重トレーニングは環境に左右されにくいので強固な意思さえ備わっていればトレーニングを継続できます。

世の中からコロナが完全に消滅することはありえないので、治療薬やワクチンが開発されるまではジムなどのクラスターが発生しやすい場所の完全な自粛解除は行われないでしょう。

ジムの営業再開はトレーニング設備を今以上に間隔を空けるなどし、消毒、換気の徹底、スタジオプログラムは当分閉鎖というのがスタンダードなようですが都心部のジムに本格的に人が戻ってきたとき、この程度の対策でどうにかなるのか注目しています。

また同じくらい厳しいのが外食産業でしょう。

消毒の徹底はもちろん、座席の間隔を1m以上空けるという常軌を逸した対策が推奨されています。

これをそのままやると、狭い店だと二組、三組分くらいしか席を確保できないでしょうね…。

ビュッフェスタイルは完全廃止でホテルや結婚式等での飯にも変化が出そうです。

居酒屋の主な収益源である大人数での飲み会も相当数減少すると思われます。

私の勤め先も歓迎会、送別会、○○成功の打ち上げ会、新年会、忘年会、行事のあとの親睦会、たまには?みんなで飲もうよ会とクソほど飲み会が多く、いつも断るのに苦労していましたがさすがにコロナが騒がれだしてからは飲み会なんて言葉は一切聞かれなくなりました。

営業再開するも思ったよりもお客が戻ってこないというお店が多数現れそうです。


そしてみんな気になる航空業界。

原油安により燃料費が安くはなりますが、座席の間隔を広くするため運賃が数倍となり庶民には乗れなくなる説まで出ていますね。


ワクチン開発といえば日本のアンジェ…ではなく、米のモデルナ、独のバイオンテックが最有力と目されています。

仮に早期にワクチンが出来たとしてもコロナの脅威が完全に消え去るわけではないのでしばらくは厳しい業種が多そうですし、緊急事態宣言明けも思ったように経済が回復せず本格的なコロナ不況に入る可能性も高いと思っていますが長い目で見ればチャンスと思って愚直に割安な銘柄を買っていく予定です。


9ヶ月目に突入したプリズナートレーニングですが、最近は片手懸垂が出来そうな雰囲気をひしひしと感じております。

実際にはまだS8のハーフワンアームプルアップすらできない状態ですが、何というか片手でぶら下がったときに以前は「あ、絶対ムリ…」という感じだったのが「あれ?なんかイケるんじゃ…」というくらいにはなってきました。(アンイーブンプルのたまもの?)

今は変に欲を出して負荷を上げていくことを考えるよりもS7のアンイーブンプルアップを繰り返すことでハーフワンアームプルに必要な力を養う時期だと思ってもうしばらくはS7に注力する予定です。

これがプリズナー界隈でよく言われている"ミルクを絞る"ってことなのでしょうか。(ミルクを絞ったことないのでわかりませんが)

プリズナートレーニングを始めた頃は両手の懸垂10回くらいのレベルだったので8ヶ月で結構進歩したんだなと思います。

それほどプルアップに力を入れていたわけではないのですがプリズナートレーニングの優れたプログラムにより懸垂力が上昇したんですね。

9ヶ月目の目標は最近再開したブリッジトレをしっかり継続することです。

ブリッジのS7,8である、立った状態から壁に向かってブリッジをしペタペタと手を付きながら床まで降りてまた手を付きながら上がって立った状態に戻るというトレーニングをメインに行っていますが現状は5往復で疲れるのでもう少し回数を増やせればなと思っています。

怪我さえしなければゆっくりとでも成長していくはずなので無理はせずにトレーニングしていきたいですね。

とりあえず、クソ株を買うために早く給付金お願いします!