将来のためにインデックスファンドをコツコツ買っていたが、このタイミングで売却したり積み立てをやめてしまったりする人が多数観測されています。

インデックスファンドをコツコツ積み立てるということは相場が読めないしわからないしとくに勉強もしたくないしいちいち損切りとかもしたくないけど投資はしたいっていう人が多いのだと思います。

それなのに、少し下げたら「もっと下がると思うので売りました」とかめちゃ矛盾してませんか。

ここが天井とかここがとかそんなのはほとんどの人にはわからないはずです。

仮にそれが分かるのならインデックスファンドなんてゴミみたいなものをコツコツ買う必要は全くなく、先物でもオプションでもやってさっさと大金持ちになれば良いだけなんですよね。

個別銘柄を買っていたがコロナショックにより業績が悪化しそうなので売るとか、元から投機のつもりでやっていて地合いが悪いときは買わないとか、そういうのは十分わかるんですけどね。

特に相場を読むつもりもなく個別銘柄の業績も気にしたくないから数百〜数千社に幅広く分散されたインデックスファンドに投資していたはずなのに、なぜわざわざ安くなってから手放してしまうのでしょうか。

もちろん、私はここが底かどうかなんて全くわかっていません。

この後も更に下がる可能性も十分あります。

でも、いま売って適切なタイミングで買い戻せるとも限りませんし、そういうのがわからないからこそ毎月コツコツ積み立てていたんじゃないんですか?と問いたいです。

私は市況が良くなればいずれまた過去の高値を奪還する日が来ると思うので粛々と買い続けるのみです。(って言ってもiDeCoなので毎月少額を少しずつ買うだけですけどね)

資本主義経済が続くのであれば、日経平均もバブル期の異常な高値38,900円ですらいずれ奪還すると思っています。

そうなればここで買った分は2倍以上になるので万々歳じゃないですか。

相場を読めないからインデックスファンドを買っていたくせに下落時だけ謎の相場観を持ち出して早々に売ってしまうような人たちは金輪際投資とかしない方が良いと思いますよ。