小資金のころが一番きついですね。

私は500万円くらいで株を始めたんですけど、その後紆余曲折ありつつ5年ちょいでピーク時9,000万円弱まで増えました。

そしてサンバイオショックにより資産を失うどころかマイナス圏まで突入してしまったわけです。

500万円から9,000万円弱というと相当信用全力でぶん回したのかと思われるかもしれませんが今思うと現物でやっていても同じくらいの利益は出ていたと思います。

サンバイオも現物はそれなりに下の方で買っていましたが信用で1万円前後でたくさん買っていたのが痛かったですね。

1万円前後でたくさん買った信用分はあまり利益に貢献していなかったので安いところで買っていた信用と現物でも8,000万円くらいはあったと思います。

5年ちょいという期間が早いか遅いのかは人によるところだと思いますが、私としては相当回り道した感が強くて当初買っていた銘柄やその当時の分析等を考えると2~3年で達成できた金額だなと感じます。

経験不足により含み益を耐えることができなかったというのが時間がかかった理由です。

ようやく本題に入りますが、当時500万円くらいでスタートできたのは本当に大きくて、2倍になれば当時の手取りの年収を大きく超える金額となりモチベーションも相当上がりました。

しかし、これが100万円くらいからのスタートだと仮に数倍になっても数百万円。

数倍になるような銘柄をつかむにはそれなりに時間がかかります。

そのわりには数百万円だとあまり増えた感じはしませんし、株に対するモチベーションもあまり上がらないですよね。


「結局気持ちの問題かよ」

って話なんですけど一生懸命頑張っても増えてるのか増えてないのかわからないような金額だとやっぱり不満は残ります。

現状は少しずつ積み重ねていくしかないので「資金が少ない」なんてわがまま言うのもほどほどにしないと怒られそうな気もしますがやっぱりまずは目標の500万円を早期に超えれるように頑張りたいと思います。