images (1)

またナスが美味しい季節がやって来ました。

「秋茄子は嫁に食わすな」と言いますが我が家では「ナスはKちゃんまんに渡すな」と言い換えた方が良いかもしれません。

やっぱり今の家計的に毎月のお給料だけじゃ厳しいものがありますからね…

ちなみに今回の冬ナスも秒で消えてしまう予定なのでなかなか辛いものがあります。


昔はナスをもらっても特に何とも思わなかったというか、みんながナスがどうこうという話をしているのを聞いて「あ、そういえばもうナスの時期か…」なんて思ったものですが、最近はかなりナスを当てにして生活しています。

今更ながら少額でも棒ナスがちゃんともらえる会社で良かったと思います。

ほんと、すぐに無くなる予定ではありますが、ナスのおかげでなんとか年を越せそうです。

ありがたいですね~。


そういえば今年の冬ナスは過去最高の平均96万4,543円と物凄い数字となっていますが未だにこんなにたくさんはもらえません…

大手企業の冬のボーナスは、2年連続で過去最高となった。
経団連が14日に発表した、大手企業の冬のボーナスの第1回集計によると、回答した12業種82社の平均は96万4,543円と、前の年の冬に比べ1.49%増え、2年連続で過去最高額を更新した。
90万円を超えたのは、5年連続。
主に春先までの企業の業績が好調だったことが原因で、金額が明らかになっている中で、業種別で最も高かったのは、建設の172万3,818円で、自動車が102万3,057円、造船が92万3円と続いた。

っていうか1位の建設が172万円で3位の造船が92万円で平均割れって時点で「建設が数字を押し上げているだけじゃねーか」と思わなくもないですが、とにかくもらえるところはたくさんもらえているというのが本当にうらやましい。

まあこういう業種は景気が悪くなると全然もらえなくなったりするので景気が良いときにもらえるだけもらっておかないとって感じなんでしょうね。

年末くらいまでは「はぁ~ボーナスすくねぇよ(150万円)」みたいなかまってちゃんツイートばかり見ることになるのかと思うとげんなりしますね。