peli1

このブログでマンガとかお勧めするつもりは無かったんですけど、是非、"ペリリュー ─楽園のゲルニカ─"というマンガを読んでほしいと思って記事にさせてもらいました。

このマンガはヤングアニマル(白泉社)で連載されているのですが、白泉社が提供しているマンガParkというアプリで毎日無料で貰えるポイントを使って単行本の6巻まで読めます。

昭和19年、夏。太平洋戦争末期のペリリュー島に漫画家志望の兵士、田丸はいた。そこはサンゴ礁の海に囲まれ、美しい森に覆われた楽園。そして日米合わせて5万人の兵士が殺し合う狂気の戦場。当時、東洋一と謳われた飛行場奪取を目的に襲い掛かる米軍の精鋭4万。迎え撃つは『徹底持久』を命じられた日本軍守備隊1万。祖国から遠く離れた小さな島で、彼らは何のために戦い、何を思い生きたのか――!?『戦争』の時代に生きた若者の長く忘れ去られた真実の記録!

戦争マンガというとやたら生々しくて見る人を選ぶ感じがしますが、こちらは絵が2~3頭身のかわいらしいキャラクターで全体的にゆるいタッチで描かれているので戦争系が苦手な人もそんなに抵抗なく入っていけると思います。

しかし、内容は凄惨極まりないです。

圧倒的火力と物量を誇る米軍に対して弾も食料も不足している日本軍守備隊。

基本的に彼ら守備隊に生還の道はなく、飢餓と弾薬の不足に耐え、動けないほどの傷を負えば自決を迫られます。

とにかく1日でも長く戦って米軍をこのペリリュー島に足止めするのが目的という絶望的な状況のなかで戦い続けなければならなかったのです。


読むに当たって当時の状況等を知っておくことでさらに面白くなると思います。
(主人公の田丸の気持ちで何も知らずに読むのも面白いと思います)

舞台となっているペリリュー島はパラオに属する島の一つでフィリピンの東にあります。

日米双方の色々な思惑が重なってしまったことで南北9km、東西3kmのこの小さな島が激戦区となってしまいました。

ペリリュー島には日本軍の作った飛行場があり、米軍はそれを奪取してフィリピンへの攻撃に使用しようとしていました。

またフィリピン攻略の際にパラオの日本軍航空部隊に妨害されることを嫌気したためパラオの攻略を進めたともされています。

実際にはパラオの日本軍航空部隊は既に壊滅しており、このパラオを迂回してフィリピン攻略を進めても特に問題はなく、米軍内でそういう意見も出たようですが上陸作戦が強行されてしまいました。
(結局ペリリュー島攻略作戦中にフィリピン上陸が果たされてしまいます)

日本側にはまともな艦隊も航空部隊もおらず、守備隊も米軍上陸部隊の数分の一しかいないので米軍内では攻略に際し楽観的な意見が出ていました。

ペリリュー島攻略部隊の主力である、当時米軍最強と言われた第1海兵師団の師団長リュパータス少将も彼我の戦力差から「2、3日で片付く」と豪語していたのです。

しかし、日本軍は関東軍最強と言われた第14師団の水戸歩兵第2連隊を中核とした1万人以上の部隊を配備し1年以上かけて島を要塞化していました。

要塞化しただけではなく、戦闘方法をがらりと変えて玉砕禁止を打ち出したのです。

これまでは南太平洋の各地で一斉突撃(玉砕)を繰り返し多大な損害を出していた日本軍ですがこれを禁止し「持久に徹せよ」という指令を出します。

この持久に徹せよというのも残酷で、食糧、弾薬が尽きてもとにかく戦い続けろということです。

連隊長の中川大佐が再三突撃許可を求めるも却下され、最後は「サクラサクラ」という電文を残して突撃をします。

突撃前の訓示中に生き残っていた兵士が「じゃあ、もう俺たち、死んでいいのか」と涙を流しているシーンがあり本当に胸が苦しくなります。

彼らはずっと洞窟内で水、食糧、医薬品全てが不足するなかで戦い続けたため極度の栄養失調に陥っており、この状況下で生き続けることがどれほど過酷なのか想像すら出来ません。

1万人以上いた守備隊はほぼ全滅してしまうのですが、1万人という人数がこれほどあっけなく失われていくなんて本当に常軌を逸した世界です。

1万人以上の社員がいる企業なんて数えるほどしかありませんよね。

正社員1万人ほどの企業だとニトリとか北海道電力とか昭和電工とか。

それが丸々全員分ですよ。

しかも末端の兵隊は20歳とか21歳とかそのくらいの若い人が多く、その命がこんなにも簡単に散っていくことに衝撃を覚えます。

私も子供がいるので、人間を一人前の大人にするためにどれほどの愛情や時間や資源を注がなくてはならないのかというのが多少はわかっているつもりですが、こんなのは割に合わないとしか言いようがないです。

ペリリュー島に限らず戦争全体、というか有史以来そういうもんなのかもしれませんが、私がのほほんと暮らしているたった70年ほど前の世界ではこんなにも呆気なく命が散っていったのだと思うとやるせない気持ちになります。

玉砕や特攻の話を聞くと「俺ならやらない」とか「降伏して捕虜になる方がマシ」などと当時の精神性を馬鹿にする風潮もあります。

マンガ内では「俺には小さい兄弟がたくさんいるから死んで恩給をもらえなきゃ困る」「俺だってそうだよ」という会話をしている兵士が登場するように、国のため、家族のため等々違いはありますが死にたくないけど死を受け入れざるをえない境遇に置かれている彼らを小馬鹿にするような考えはちょっと信じられないですね。


「戦争反対!」とか「憲法を守う!」とかそういうことを言うつもりは全くありません。
(むしろさっさと自衛隊を国防軍にしろとは思ってます)

ただ、この漫画を読むことでたった70年ほど前に太平洋で散っていった若い命に対して思いを馳せる時間があっても良いんじゃないかなと思ってオススメさせてもらいました。