改めて、プリズナートレーニングは継続しやすいトレーニング法だなと感じます。

全体的にトレーニング量が少なめなので、種目の組み合わせによっては1日15分もあれば充分できますし、ジムに行かず自重のみで行うので自宅で空き時間にちゃちゃっと済ますこともできます。

筋トレは負荷を漸増させていくことが大切になりますが、プリズナートレーニングではステップ毎にどういうトレーニングを行えば良いのか、どの段階で次のステップに行けば良いのか明確にわかるのでトレーニングを始めてしばらくは本の内容通りに進行すれば他は何も考えなくて済みます。

少しずつ難しい動きに挑戦していくという楽しみもありますね。

RPGのように自分のキャラを強くしていくような感じです。

トレーニング未経験の初心者向けの動きから全人類の0.1%もできなさそうな究極難度の動きまで到達したときはかなり感慨深いものがあるのではないでしょうか。

ソシャゲとかやっても課金するようなお金はありませんし、それなら無料で自分自身を強くしていく方がマシなのかななんて思っちゃいます。笑

そういうゲーム的要素に引かれているのもあるかもしれません。


私はBIG6と呼ばれる、
  • プッシュアップ
  • スクワット
  • レッグレイズ
  • プルアップ
  • ブリッジ
  • ハンドスタンドプッシュアップ
  • ハンギング(ぶら下がり)ワーク
  • トリフェクタと呼ばれる3つの能動的ストレッチ
をメインに行っていますが、指立て伏せや首、ふくらはぎのトレーニングもあるので慣れてきたらさらに種目を増やすかもしれません。

偉そうに色々書いてますけど私がプリズナートレーニングを開始したのは今年の9月中旬という歴1ヶ月にも満たない初心者なので少しずつ成長していく様を見せられたら良いなと思っています。

しっかり継続してプリズナートレーニングに限らず、自重トレやキャリステニクスをやってる人とも絡んでいきたいですね。

コメント

コメント一覧

    • 鬼太郎
    • 2019年10月09日 02:28
    • 顔出しなしで
      トレーニング前後の身体出してほしいな
      キモいけどw
    • K
    • 2019年10月09日 06:43
    • >>1
      特に出す予定はないですね~。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット