Kちゃんまんのブログ イメージ画像

2018年12月

本日、DWTIから緑内障治療剤「H-1337」の米国第I/IIa相臨床試験結果のお知らせが発表されました。内容としては、H-1337のP1/2aの結果について、同剤について安全性が確認できたこと、主要評価項目の眼圧についても、1群20名程度ながらプラセボ群と比較し有意に低下が確認さ

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(以下DWTI)は来期赤字の場合、上場廃止となるため、是が非でも黒字化したいと考えているはずです。DWTIの中経を確認すると、来期予想では売上500百万円~650百万円となっており、研究開発費等は調整してくるはずなので、この辺の売上が達
『DWTIは来期黒字化可能なのか』の画像

少し前から、DWTIを買おうかどうか悩んでいました。ターキーさんから話を聞いたり、自分なりに調べたりしていたのですが、来期赤字なら上場廃止というのが気になって購入に踏み切れませんでした。グラナテックとDW-1002のロイヤリティだけでは来期黒字は難しいと感じたからで

↑このページのトップヘ