bloom-1836315_640

「お金がないから結婚できない」

って話をよく聞きますがお金がない人ほど結婚した方が良いです。

多くの場合で一人暮らしが一番コスパが悪いです。

二人になったからと言って家賃、光熱費、食費等々の最低限生活に必要な費用が2倍になることはありません。

発展途上国とか未開の部族とか大家族ばかりですよね。

大人数でまとまって生活する方がコスパが良いから自然とそうなるわけです。

同程度の収入であれば入ってくるお金は2倍になるので一人よりも多くのお金を貯めることができます。

仮に夫婦共に年収400万円であれば世帯年収800万円になるんですよ。

年収800万円の人ってある程度の企業に勤めているか、それなりのポジションにある人が多いですよね。

明らかに平均を超えていますし世間的に見れば勝ち組クラスになるんでしょうが、結婚して夫婦で働くだけで同じくらいのお金が家に入ってくるのです。

夫400万円、妻200万円でも世帯年収600万円です。

この辺だと中堅サラリーマンくらいでしょうか。

都内で働いている年収600万くらいのサラリーマンなんて腐るほどいます。(多くの人は千葉、神奈川、埼玉から通勤していますが)

一馬力で年収600万よりも二馬力で世帯年収600万の方が相当楽だと思いますよ。


これからの時代、共働きはますますスタンダードになっていくので、世の女性陣も男性を年収で値踏みする前に自分もしっかり働けるのかを考えて婚活した方が良いですね。

少なくとも、一馬力ほど脆いものないということは頭に入れておいた方が良いでしょう。

専業主婦志望の人もいるかもしれませんが、結婚適齢期で高収入の男性の競争率は激しさを増す一方です。

よほど年齢、容姿、性格が揃っていないと相手にしてもらえない可能性が高いですし、平均年収くらいの男性と結婚して専業主婦になるのは双方ともに不幸になる可能性が高そうです。

結婚して共働きすれば簡単にエリートサラリーマンくらいのお金がもらえるのだから、お金がないない言ってる人たちはちゃちゃっと結婚していっぱいお金を貯めれるように頑張りましょう。