helicopter-615168_640

FP資格を持つAさんから聞いた話です。
Aさんは個人的にFP2級を取得するくらいにはお金について興味関心があり私とよくお金についての話をしています。

Aさんの友人であるBさん(40歳、年収400~420万円、奥さんは専業主婦)は夫婦と子供二人の四人家族ですが子供が二人とも小学生になり、今の賃貸物件では手狭になってきたと感じたので引っ越すことにしました。

これまでの家賃は駐車場代等を入れて2LDKで9万円でしたが、3LDK以上のファミリーマンションになると急に家賃も高くなってしまうため、奥さんの勧めもあり住宅の購入も視野に入れて引っ越し先を考えることにしました。

子供の学区を変えない範囲で引っ越しをしようと思うと意外と選べる物件が少なく、3LDKのファミリーマンション(家賃14万)、新築戸建て(35年ローン、変動金利で毎月11万円、ボーナス払いなし)が候補として上がりました。

月々の支払い額を比較すると

ファミリーマンションの賃貸(14万円)>住宅ローン(11万円)>現在の家賃(9万円)

となります。

Bさんは

「まずファミリーマンションの家賃14万は生活がかなり家賃で圧迫されてしまうので厳しい。それに頭金がほぼ無くても意外と家を買えるもんなんだな…。月々に払うお金は今の家賃と2万円くらいしか変わらないし、それなら将来財産になる家でも買うか」

と考え、住宅を購入しようとしたのです。

そこで待ったをかけたのはBさんの友人でありFP資格を持つAさんです。

A「Bさんさぁ、住宅を購入するとローン以外にも色々かかるんですよ。固定資産税もかかるし、自分で修繕費用も積み立てないといけないし。そもそも75歳近くまでローンが残るなんて普通に考えて払えなくなるでしょ。子供がもっと大きくなればさらにお金がかかるから収入が大きく上がる見込みがないなら住宅購入はやめた方がいい」

B「いや、そんなこと言われてももう子供が大きくて2LDKじゃ手狭だしファミリーマンションは高すぎて無理。最近はローンを退職金で一気に払ってしまうのが主流らしいし、子供のために学区は変えたくないから家を買うしかない。銀行もOKしてくれたってことは返せるって判断してくれたってことでしょ」

A「銀行がどう考えてるかは知りませんけど、この状況で家を買ったらかなりの確率で住宅ローン破綻になりますよ。せめて頭金が貯まるまで待ってみればどうです?」

B「今から頭金を貯める時間なんてない。もう手頃な物件が出てこないかもしれないしそうなったら本当に引っ越せなくなるから今買うしかない」

A「それで住宅ローン破綻したらどうすんるんですか?」

B「そんなの最後は国が助けてくれるんだろ。俺くらいの年収で家を買ってるやつなんていくらでもいるし、そいつら全員見捨てたら世の中とんでもないことになるわ。そのために政治家がいるんだろ」

A「……。(開いた口がふさがらない)」


私も話を聞いた瞬間、相当びっくりしました。

自他共に認める他力本願な私ですが、それでもさすがに「最後はお上がなんとかしてくれる論」はないだろと思いました。

Bさんはもちろんイデコ等はやっていませんし、貯金もほぼ無いとのことなので仮に退職金が想定通り出たとしても虎の子の退職金を住宅ローンの返済にあててしまうと本当に何も残らなくなってしまいます。

住宅ローンをなんとか返せても60歳以降も働き続けることは確定ですし、相当厳しい老後が待ち受けています。

人生100年時代に突入していくなか、年金だけで暮らしていくのは本当に大変なことが予想されています。

老後に備えて若いうちから必死に老後資金を捻出しようとしている人もいれば、Bさんのように「最後は国が助けてくれる(=生活保護?)」前提でやっている人もいるんだなとなんだかとても勉強になった出来事でした。

私も国に助けてもらいたいです…