earth-1365995_640

よくサラリーマン向けの運用法としてインデックスファンド等を毎月買っていく方法が紹介されていますが、実は大化け株を狙った方が早く資産を大きく増やすことができるのではないかと思います。

2、3年後に大化けしそうな株を探し、毎月入金してその株を買っていくっていうのがサラリーマンには向いている気がするのです。

ぶっちゃけインデックスファンドとか高配当株とかを買っても全然お金増えなくないですか?

いや、高所得者とかダブルインカムとかでめちゃ入金できる人なら良いですけど普通に年間100万円とかでインデックスファンドや高配当株を買っても「で、それで何になるの?」って思っちゃいます

年100万程度の入金力でインデックスファンドとか買ってもお金持ちセミリタイアなんてまず無理ですし、50とか60とかまで積立てして定年より数年早いリタイアを目指すくらいならそのまま定年まで働いてても一緒じゃないんですかね。

老後の資金の心配とかもあるかもしれませんけど、iDeCoでもやってれば十分だと思いますよ。

お金が足りないなら足りないなりの生活をするかその分だけ働けば良いだけなので。


この、"数年先の大化け株を狙う方法"なら時間をかけて入金するので初期の資金も少なくて済みますし、何より一撃当てれたときに資産がめちゃ増えるんですよね。

老後が気になる人で年間100万程度の入金ができる人なら老後用にiDeCoに20万、残りの80万を大化け株へ投入みたいな感じでやると良いかもです。
(この辺のバランスは人それぞれになると思います)

大化け狙いが中心になるのは怖いとしたらインデックスファンドを核に20%は大化け狙いに振るとかでも良いと思います。

こういう「当たるとデカイ」ってやつを少しでも組み込むだけでも将来的なパフォーマンスは全然違うんじゃないですかね。

思考停止して「個別株はプロでも勝てないんだから絶対買わない」ってなってしまうのはもったいないです。


ここで重要なのは「10倍以上になりそうな株を選ぶ」ってことですね。

上がっても2倍、3倍程度じゃあまりやる意味がないのでとにかくめっちゃ上がりそうなやつを選びます。

途中で「あれ?」って思うようなことがあったり予定より早く値が上がれば売って違うのを買えば良いだけです。

10倍になるような株は期待されている材料が不発だったときはめちゃ下がると思いますが、周りから見向きもされていない安い時期からコツコツ買う戦略なので買値からさらに1/10とかにはならないと思いますよ。

下がってもせいぜい半分くらいじゃないですかね。
(買値から1/5とか1/10になるようじゃそもそもの買うタイミングがおかしいと思いますし…)

仮に3年かけて300万円分買ってたやつが半分になってもマイナス150万円。

0になるわけじゃないので残ったお金と入金でまた違うやつを買えばOK。

3年でマイナス150万円なら年50万円なので、競馬パチスロで負けてる人たちと同じくらいの損失じゃないんですかね。


ダメだったらダメだったでまた数年かけて違うのを買えば良いんですし、仮に定年までずっとダメだったら、もうそういう株人生だったってことで……

結局定年かそれ近くまで働くのなら人生に大差はないと思います。

リーマンショックみたいなのが来たらインデックスファンド買ってても半分くらいになっちゃうので大化け狙いだから凄く危ないってわけでもないです。(現物なら)

むしろ入金投資前提なら金融危機はチャンスになりますしね。


大化け狙いで買う銘柄は○○関連とかそういうフワッとしたものではなく、誰が見てもわかりやすいような明確なビジョンを描けるようなものでないといけません。

そうでないといつまで経っても結果が出るのか出ないのかわからないままズルズルいってしまいますからね。

「コレだ!」って銘柄が見つかったらあとはそこの進捗だけ気にして気楽に生活したら良いんでないでしょうか。

変に有名人の推薦する銘柄にイナゴして気を揉むよりもよほど楽にやれるはずですよ。