幼児教育無償化
(幼稚園、保育所、認定こども園以外の無償化措置の対象範囲等に関する検討会報告書より)

幼児教育・保育の無償化が始まる

2019年10月
から幼児教育・保育の無償化が全面的に実施されることが決まりました。

これにより、共働き家庭、シングル家庭では3~5歳児の保育所(保育園)、認定保育所は無償、幼稚園は月2.57万円まで無償となります。

専業主婦家庭であっても幼稚園、認定こども園は月2.57万円まで無償となります。

この幼児教育・保育の無償化の財源には増税された消費税があてられます。
幼児教育無償化の対象となるほとんどの世帯は消費税の増税分よりも無償化の恩恵の方が大きくなりますね。

家計がかなり楽になるという世帯が多くなるのではないでしょうか。

Kちゃんまん家では無償化になると年間数十万円は浮くので

頼む!
幼児教育無償化よ、早く来てくれ!我が家の家計を助けてくれ…

そんな切実な思いを抱きながら日々を過ごしています。

ポイントは
  • 実費部分については無償化の対象にならない
  • 幼稚園は月額2.57万円まで、かつ、シングルや共働き家庭では延長保育等を含めて3.7万円まで
  • 3歳"児"~5歳"児"が対象となる
3歳児とは前年度に3歳になっている子です。
なので、2019年10月時点で3歳なら無償化というわけではないんですね。
この場合は、翌年度の2020年の4月から無償化の対象となります。

消費税が上がるから意味がない?

ネットでは

「結局、消費税が上がるから無償化になっても意味がない」

という意見が出ていました。

うーん、本気で言ってるんでしょうか……。

例えば共働き家庭で幼稚園が月2.57万円無償化になった場合、年30.84万円浮くわけです。

約30万円浮くのにも関わらず
「増税されたら意味がない」
となる家庭は単純に年間1,500万円の消費がある家庭になるんですよね。

同様に無償化により50万円浮くのに増税されるから意味がないとなる家庭は年間2,500万円の消費がある家庭です。

「もう、それだけ消費に回せるならごちゃごちゃ言うなよ!」

ってなりませんかね。
私はなります。

せっかく、国民全体から金を集めて子育てに使おうという流れが出来始めたんだからごちゃごちゃ言わずにその恩恵に預かれば良いんですよ。
今後もこういう流れはどんどん出てくるでしょうね。