weight-lifting-1284616_1920

皆さん、筋トレしてますか。

私はしています。(偉そう)

やっぱり人間、体が資本ですからね。
仕事では座ってばかりなので、多少は運動しないと年を取るごとにガタが出てきますし、何よりプヨった体でいたくないんです。
最後は人間も動物ですから。いざというときに動ける体でありたいみたいな。(意味不)
子供と遊ぶのにも体力使いますし、筋トレ以外に趣味で軽い運動もしてるんですけど、筋トレしてた方が体がよく動く気がします。

もちろんゴリゴリのマッチョではありませんが、夏場で薄着になったり、風呂や海で脱ぐ場面があると
「え?Kちゃんまんって結構鍛えてるの?」
みたいに言われることがままあります。

「いや、全然っすよ」と言っても「いやいや、相当やってるでしょ」と。
「いや、ほんと全然っすから」と言っても「いや、結構筋トレマニアなんでしょ。プロテインとか飲んでるんでしょ!」と迫害されることもあります。泣

Kちゃんまんの筋トレは本当に舐めてますし、ガチでやってる人から見たら初心者レベルなので、
「それで、筋トレしてるって言うんじゃねーよ」
と怒られるレベルです。(怖)

……

……


かなり前置きが長くなってしまいましたが、そんなKちゃんまんのクソトレーニング法は

「各種目を素早く2セットだけ行う」

です。

???

ちょっと意味が分かりませんね。

詳しくやり方を紹介させてもらいます。
まず、種目は腕立て伏せとか懸垂で良いと思います。
Kちゃんまんはパイクプッシュアップと懸垂とぶら下がって足を上げる腹筋を行っています。

パイクプッシュアップはこんなやつです。


プッシュアップバーがあると便利です。




懸垂は懸垂ラックを買いましょう。24時間ジム3か月分の値段でお釣りがきます。




ダンベルがあると、さらに、はかどります。(が、Kちゃんまんは持っていてもほとんど使っていません…)


上記の商品はダンベル以外はKちゃんまんが使っているものです。(ダンベルは同じ商品が無くなってました…)

やり方は簡単です。一度で覚えられます。

1セット目は
「あ~、結構キツ~」
くらいで終了します。
ここで限界まで追い込んでも良いんですけど、"最初から頑張りすぎると絶対続かない"のでそこそこキツイなくらいで終了します。(ここが重要です)
そして、2セット目に突入するわけですが、ここで休息を10秒くらいにしてすぐに2セット目に入ります。
腕立て伏せだったら、1セット目を終えて少し腕をぶらぶらさせて、すぐに2セット目に突入といった感じです。
もちろん疲労しているので1セット目と同じ回数はできなくて大丈夫です。
乳酸が蓄積されると筋肉が酸性に傾き、収縮が妨げられるため動かなくなってくるんですね。
なので、回数が減るのは当然です。これも結構キツイくらいまでやりましょう。
限界までやらなくても良いです。頑張りすぎると続きません。(重要)
少し休むと3セット目も普通にイケそうな感じがしますが、3セットもやると続かないのでやりません。
(Kちゃんまんの持論ですが、3セットやるとなると心理的なハードルが5倍くらいになります)

また、よくある「セット間は1分休んで~」とかもめんどくさくて続かなくなる原因なのでやりません。フィーリングで10秒くらい休むで十分です。

これで一種目終了です。適当に休憩して2種目目に入ります。
Kちゃんまんは上記のパイクプッシュアップ、懸垂、ぶら下がって足を上げる腹筋の3種目行っているので全部で15分もあれば終了です。(もしかしたら15分かかってないかも)

早っ!!

いつも、帰り道に
「今日は筋トレするか」
と妄想しながら帰ってきて、帰宅後にささっと筋トレして飯を食うみたいな感じでやってます。
でも、これくらいの筋トレでも、何もやっていない人とはかなり差が出ます。(知りませんけど)

頻度は週1~2くらいでしょうか。
Kちゃんまんは結構昔からやっていますが、趣味の運動仲間に
「Kちゃんまん、どんな筋トレやってるの?」
と聞かれて、これを教えたところ数ヶ月でかなり見た目が変わってきたと話しているので、何年もやらないと効果が出ないとかではありません。

この筋トレはあまりにも早く終わるので達成感が本当に無いんですけど、上述の通り、効果はそれなりにあると思っています。
少し前に、似たようなのが紹介されていたので参考になるかもです。
(筋トレは1セットも5セットも違いはない:研究結果)
上記の1セット筋トレは1セットで限界まで行うことを求められているので、Kちゃんまん流の2セットに分けた方が難易度は低くなります。

筋トレを始めようと思って、いきなりジムとか通うのはマジで続かないので、まずは可能な限り短時間で効率よくやっていって、そこからどうしていきたいかを考えるのが良いんじゃないでしょうか。

何度も言いますが、
「え?これで終わりで大丈夫なの?」
と感じるはずですが、大丈夫!なのでとにかくやってみましょう。
種目も何種類もやるとダルいので3種目くらいにしておくのが良いでしょう。

最初から頑張っても続かないので、物足りないくらいに抑えましょう。
とにかく、筋トレをやるという心理的ハードルを徹底的に下げましょう。

Kちゃんまんは子供と公園に行ったついでに鉄棒で懸垂を上記の要領で素早く2セットして「はい、今日のトレは終わり!」みたいなことも多々あります。それぐらいゆるくて大丈夫です。

読んでて感じるかと思いますが、本当に1回15分で終わるので「筋トレに興味はあるけど時間がな~」とか「わざわざジムに行くのはめんどくさいな」という人は是非とも挑戦してみてください!
筋トレも食事も○イザップみたいに短期集中でやるより、少し時間(数ヶ月)をかけてだらだらやっていった方が長続きしますし、習慣になりやすいので、頑張らない方法を探しましょう。

気が向いたら今度はKちゃんまんのノーストレス激ゆる食事法も紹介させてもらいたいと思います。

脳が教える! 1つの習慣
ロバート・マウラー
講談社
2008-07-05