okinawa-3421799_1920
アーリーリタイア…

良い響きですね。
このアーリーリタイアに憧れて、サンバイオの信用二階建てをして撃沈した私にはもう縁のない言葉かと思いますが…

それでも、
「一度は目指していたんだな」と思うと感慨深いものがあります。

夢破れて定年までリーマンを続けるということになりましたが、よくよく考えると、
「定年までしっかり働く」のであれば人生っていうのは意外と難易度が低いんじゃないかなと思います。(相変わらず舐めてry)

もちろん、とにかく出世を目指すとか事業を立ち上げるとか、仕事しながら何かを成し遂げるとかはとても難しいことだとは思いますし、これからも予想だにしていなかった様々な困難が待ち受けているとは思います。
でも、ごくごく普通に働いて普通に定年を迎えるのってそんなに大変なことですかね。(え)
体が動くかどうかは別にして、働き続けるという覚悟があれば、色々と働く場がある現代社会ではずっと働いていられます。
働きつつ質素な暮らしをすれば最低限の生活はキープできるので、本当に恵まれている時代に生まれたと思います。
借金まんになって早く"普通"になりたいというか、今になって、"普通"に家庭や仕事があることのありがたみを感じています…(遅)
それほど贅沢はできませんが、家族で近場に旅行に行ったり、外食したり、それくらいならできてましたからね。。。

今回の一件(サンバイオショック)でようやく、私の目指していたアーリーリタイア(金銭的な自由)の難易度は想像以上に高かったんだなとも思います。
世の億トレたちに憧れて株式投資に打ち込んではみましたが、最後の最後で痛恨の一撃を食らってしまい、夢は潰えました。
自分に株のセンスがないのは自分自身よくわかったので、これからは定年まで勤めあげる気持ちで仕事に打ち込みます。

いまはまだあまり考えられませんが、もし投資の世界に戻ってきたら、その時はシーゲルちゃんまんとして地道に頑張っていく所存です。